不動産投資の落とし穴

不動産投資における失敗事例やリスクや詐欺、破産などトラブル情報をご紹介します。これから不動産投資をお考えの方やすでに始めている方は当サイトでご紹介するトラブル事例をもとに注意喚起にお役立てしていただけたらと思います。

不動産投資のよくあるトラブル事例

不動産投資でよくあるトラブルの事例は、不動産管理に関するトラブルです。投資の中でも不動産投資は他の投資と異なって不動産を所有している本人が取引に参加するという形態を取ることがなかなか難しいものです。そのため、効率的に不動産投資を行っている人は不動産会社と業務委託の契約を行って業務のすべて任せることが基本になっています。しかし、こうした方法を知らない初心者の人は自身で不動産を管理しようと手続きをしてしまう側面があります。実際に不動産の取引を行うときにはかなり面倒な手続きを幾つかしなくてはなりませんので、その段階である程度のトラブルを覚悟しておかなくてはいけません。そもそも、不動産のような資産価値のある大きな買物をするときには、その資産が本当に勝ちのあるものかどうかということを不動産を販売する人間が購入する人間に対して説明しなくてはなりません。これは規定などではなくきちんとした法律的な義務であるため、不動産売買に関して積極的に参加しようと考えている人はしっかりと理解しておく必要があります。仮に、不動産の売買取引において重要な説明がされずにその不動産が販売されて、結果的にそれを購入した人が大きな損失を被った時にはそのすべての責任を元の不動産の所有者がとらなくてはならなくなります。これは賃貸借契約でも全く同じで、不動産を収益物件として投資の対象とするときには部屋を借りる住人に対してその部屋に関する重要事項の説明をしなくてはいけない法律的な義務が生まれるのです。こうしたことが後からわかってトラブルになることは非常に多いので、そうならないようにすべての責任を任せることが出来る業務委託の契約を締結しておくほうが賢明なのです。

不動産投資の詐欺に注意しましょう

投資とは資金を何らかの商品に投じて利益を得るというものです。投資としてスタンダードなものとしては株や為替などの金融商品と不動産の収益物件などを購入する不動産投資です。しかし、いずれにしてもリスクが付きまといますし、悪質な業者には詐欺行為を働くところもあり、せっかく投じた資金が回収できるどころか借金をすることになるケースもあります。不動産投資の詐欺で多いものとしては、新築ワンルームマンションです。ワンルームであるので必要な資金はそれほど多くなくサラリーマンでも副業として行うことができるものですが、実際にはワンルームにしても普通のマンション、また駐車場など不動産経営を行う場合には利用者が居てはじめて利益を生み出すことができます。また最初に投じたお金が将来の収益を上回っていれば利益を得ることができますが、収益が下回るとすなわち損失になります。このあたりは投資する側のリスクといえるものですが、悪質な業者には言葉巧みに都合のいいことだけを言ってきます。例えば新築という言葉だけでプレミアム価格をつけてくることです。しかし新築は最初の1回きりであり、特に居住者の出入りが激しいようなワンルームでは、新築の価値などあってないようなものです。また築年数が経てば経つほど住宅としての価値が低下していくため、最初に描いたような収入を得られるとは限りません。また一括現金で投資をした場合には、投じたお金が戻ってこなくなるだけで済みますが、ローンを組んで購入した場合には金利を支払わなければならず損失が大きくなりますし、最悪のケースとしては借り手が付かずにローンの支払いだけが残るといった場合もあります。いずれにしても不動産投資を行うさいには、事前にその不動産が生み出すであろう利益を理解しておく必要あります。

不動産投資におけるリスク回避方法

不動産への投資には色々なリスクがありますが、そのリスクごとに回避する方法があります。まず、天災のリスクがあります。天災によって建物が消失したり、あるいは建物が水害にあって使い物にならなくなったりすることがあります。このような状態によって、賃料収入を全く得ることができなくなったり、あるいは賃料収入が減少したりする可能性があることはリスクだといえるでしょう。天災のリスクを回避する手法としては、損害保険への加入があります。火災保険や地震保険などに加入しておけば、もしも建物が傷んだ時にはその修繕費用などを賄うことができるでしょう。ローンを組む際には火災保険に加入しなければならないことが多いですから、割と多くのオーナーが何らかの形で損害保険には加入しているようです。不動産への投資において、空室リスクや滞納リスクは恐ろしい物の一つだといえるでしょう。空室リスクを回避するためには、一括借り上げのサービスを利用するのが最も安全だと考えられます。一括借り上げを利用できるのかどうかは建物にもよりますし、業者側の審査によっても異なりますから難しいところなのですが、契約をすれば空室リスクをゼロにすることも可能です。また、滞納に対しては管理会社などが滞納保証のサービスを提供していますから、これらを利用するのは良い方法です。金利が上昇することで利払によるキャッシュフローの圧迫のリスクがあります。金利情勢が不安定な昨今では、このリスクを避けるのはやや難しいですが、固定金利で借りることができればかなりのリスクを回避できるでしょう。アパート論などには固定金利特約をつけられるものが多くありますから、これを利用してリスクを抑えられます。
■不動産以外の投資で気を付けたい仕手株を見破る
仕手株や国策銘柄情報を無料公開!
■投資をする上では利回りも重要です
株主優待の利回りとは?
■投資において証券会社の選択は重要事項です
証券会社 ランキング
■不動産投資と平行して他の投資をするのもおすすめ
ニーサ